2010年08月09日

江古田の森 と 北江古田公園


 中野区江古田は
まぎらわしいエリアとおもう。
 
地元の人の発信かとおもわれるが、ブログで発信された中身は、
北江古田公園は存在しているのです。
 
ところが、中野ハナミズキの会の
案内地図では 北江古田公園は存在していない。「江古田の森」として
ひと括りになっておる。
 
私がパソコン検索で見てゆくと、
そのように
単純ではなく、まぎらわしい公園かとおもうのですが いかが。
 
「江古田の森」と 「北江古田公園」は それぞれが独立して別ものと、理解されているのです。
 
インターネットの字引江古田の森公園 - Wikipedia(フリー百科)で検索すると、以下のように紹介されている。
 
〈江古田の森公園(えごたのもりこうえん)は、東京都中野区江古田にある中野区立の公園である。樹木や芝生の広場、遊具などがあり、近隣住民の憩いの場となっている。 当地は長く国立療養所中野病院があったところで、主に結核患者の養生所であった。当病院は1993年に新宿区国立国際医療センターへ移転統合し、跡地が公園として整備されたものである。またそれ以前に江古田川沿いの一部分(かつての野方苗圃)は、1971年に北江古田公園として先行して開園していた。2007年に残りの病院跡地の部分も追加で開園し、全体で江古田の森公園という名称になった。また公園には隣接して「江古田の森」という老人ホームなどが入っている福祉保健施設がある。PDF

私の記憶では
「北江古田公園」の看板は確かにあった。
そのようなこともあり、
地元の人たちや、よそからの来訪者たちは
この地は 
北江古田公園と 認識されておられるのだとおもう。あるいは古い呼称が生き続けているのだと思う。

●ハナミズキの会に、お願いしたいことは
北江古田公園は江古田の森に統合されて現在は
その名称は使われておりません・・・・と宣言されてみてはいかがでしょうか。


●実は井の頭公園に、ハナミズキを探しにゆきましたおり、ここでも似たようなことがおきました。


東京市井の頭恩賜公園」の石碑があったこと。
 

公道をへだてて
 「井の頭公園」と「井の頭自然文化公園」があったことでした。

どちらもふくめて俗称では
井の頭公園」と呼称されていました。
 

私たちは公園入口で待ち合わせをしましたが、その解釈からか、一時、迷子になった人がいました。

江古田の森 と 北江古田公園
で 集合ともなれば、やはり まごまごしてしまいそうです。
                                        (喜多)

 


 

posted by 中野ハナミズキの会 at 06:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40060316
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック