2011年08月18日

2011年08月11日

都立園芸高校のハナミズキ原木見学

中野ハナミズキの会の念願であった原木見学は
事務局長木村さんやohkadoさんのご努力で実現にこぎつけた。

2011.7.27(水曜日)の 午前10時に
中野ハナミズキの会の一行19名のほとんどは
電車をのりつぎ、都立園芸高校の校長先生を訪問した。

尾崎行雄東京市長がアメリカに桜をおくり、その返礼として
ハナミズキをアメリカから戴いた。

ゆえに、ハナミズキは、日米親善の花木である。

戴いたハナミズキの木を、
原木と呼んでいるが・・。

日米開戦があり、その後の原木の運命は過酷となった。

生き残っていたのは数本か、と中野の峰与志彦さんを悲しませた調査結果であった。
戦中をいき残った原木は今では
園芸高校のみの原木となったといわれている。

校長先生から1時間ほど、お話しをうかがったのち、
ハナミズキの原木を見学した。

はなみずきの著書もある会員の菅野光公教授もかけつけて
原木との
ご対面となった。感無量であったことである。

園芸高校は原木の実生から発芽をさせて
ハナミズキを増産してきた。その幼木は各地の公園や街路樹に供給している。

中野区江古田の森でも、ハナミズキの丘に、
園芸高校からハナミズキを分けて戴いている。

千谷順一郎校長先生は
原木が園芸高校のみになった今日
その責任を重く痛感されて、
枯らさぬ決意を、みなぎらせておられた。

尾崎咢堂さんから桜を受け取ったタフト大統領の曾孫さんは、園芸高校を訪ねられて、はなみずきを植樹されている。

その曾孫さまお手植えのハナミズキも見学して、
中野の一行は、その後、かけつけた会員をむかえて
東京農大の食と農の博物館に移動した。
農大の竹中先生のガイドで、
環境食料問題など、貴重な学習ができた。
感謝。
       (喜多記)
posted by 中野ハナミズキの会 at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記