2011年08月18日

2011年08月11日

都立園芸高校のハナミズキ原木見学

中野ハナミズキの会の念願であった原木見学は
事務局長木村さんやohkadoさんのご努力で実現にこぎつけた。

2011.7.27(水曜日)の 午前10時に
中野ハナミズキの会の一行19名のほとんどは
電車をのりつぎ、都立園芸高校の校長先生を訪問した。

尾崎行雄東京市長がアメリカに桜をおくり、その返礼として
ハナミズキをアメリカから戴いた。

ゆえに、ハナミズキは、日米親善の花木である。

戴いたハナミズキの木を、
原木と呼んでいるが・・。

日米開戦があり、その後の原木の運命は過酷となった。

生き残っていたのは数本か、と中野の峰与志彦さんを悲しませた調査結果であった。
戦中をいき残った原木は今では
園芸高校のみの原木となったといわれている。

校長先生から1時間ほど、お話しをうかがったのち、
ハナミズキの原木を見学した。

はなみずきの著書もある会員の菅野光公教授もかけつけて
原木との
ご対面となった。感無量であったことである。

園芸高校は原木の実生から発芽をさせて
ハナミズキを増産してきた。その幼木は各地の公園や街路樹に供給している。

中野区江古田の森でも、ハナミズキの丘に、
園芸高校からハナミズキを分けて戴いている。

千谷順一郎校長先生は
原木が園芸高校のみになった今日
その責任を重く痛感されて、
枯らさぬ決意を、みなぎらせておられた。

尾崎咢堂さんから桜を受け取ったタフト大統領の曾孫さんは、園芸高校を訪ねられて、はなみずきを植樹されている。

その曾孫さまお手植えのハナミズキも見学して、
中野の一行は、その後、かけつけた会員をむかえて
東京農大の食と農の博物館に移動した。
農大の竹中先生のガイドで、
環境食料問題など、貴重な学習ができた。
感謝。
       (喜多記)
posted by 中野ハナミズキの会 at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月21日

2011、4,23 桜&ハナミズキ 公演

2011、4月23日 13:30から 


桜&ハナミズキ 公演

中野区野方ウィズホール
入場無料
posted by 中野ハナミズキの会 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月26日

2011年4月23日 ハナミズキコンサート 

中野ハナミズキの会主催
コンサート

2011年4月23日と伺いました。


永年の合唱団のみなさまのご努力
ついに実りますね。


成功にむけて、なにか私にお手伝えを
させてくださいますか。

よろしくお願いします。


2.26
 喜多より
posted by 中野ハナミズキの会 at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月02日

シドモアさんのお墓まいり

シドモアさんのお墓まいりに

11月3日は

出掛ける予定でおります。

横浜の
外人墓地まで・・・・。

シドモアさんの墓前でハート

まず 桜花のお礼をもうしあげたい。

両国のために奔走されたことに
感謝をもうしあげたい。晴れ

シドモアさんの願いの、日米友好がすすむよう

祈ってまいりたいと思っております。

             (2010年  喜多)
posted by 中野ハナミズキの会 at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月10日

中野はなみずきの会のホームページ訪問して

中野はなみずきの会の
ホームページは
関係者のご努力でたちあがれました。
 
有難うございました。
 
誕生されてから半月になりましょうか。
 
このホームページは
地球上のどこからでも
閲覧できるわけですね。
 
東京は中野から発信される
親善の花 ハナミズキ
友好の花 はなみずき
平和の花 花水木

お届けできることでしょう。
 
ホームページへの 
訪問者は
まず
紅花が目にとびこんでくる編集となっていると思います。。。
 
会の目的や
入会のこと、歌もあることなどが
 
分かるようになっており、親切な編集とおもいました。
 
今後は
できますなら
リアルタイムで
訪問客さまが
幾人ほど累計で訪れられたか
分かるようにして戴けると
よろしいのではないでしょうか。
 
それは
ホームページの管理者に
いろいろのことを
伝えるデーターとなりましょう。
 
ナイスコミニュケーションを
追求する
資料となりましょう。
               (喜多)
 
 
posted by 中野ハナミズキの会 at 07:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月09日

晩秋に花水木の種子を拾い苗を育てませんか。

秋は花水木の実は
彩ります。
葉も美しくなります。
 
花水木の種子を拾って
苗を育てませんか。
 
木村さんのブログには
屋上で苗をそだてた、とありましたが
実生から
育てた木なのでしょうか。
            daimonn
posted by 中野ハナミズキの会 at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

江古田の森 と 北江古田公園


 中野区江古田は
まぎらわしいエリアとおもう。
 
地元の人の発信かとおもわれるが、ブログで発信された中身は、
北江古田公園は存在しているのです。
 
ところが、中野ハナミズキの会の
案内地図では 北江古田公園は存在していない。「江古田の森」として
ひと括りになっておる。
 
私がパソコン検索で見てゆくと、
そのように
単純ではなく、まぎらわしい公園かとおもうのですが いかが。
 
「江古田の森」と 「北江古田公園」は それぞれが独立して別ものと、理解されているのです。
 
インターネットの字引江古田の森公園 - Wikipedia(フリー百科)で検索すると、以下のように紹介されている。
 
〈江古田の森公園(えごたのもりこうえん)は、東京都中野区江古田にある中野区立の公園である。樹木や芝生の広場、遊具などがあり、近隣住民の憩いの場となっている。 当地は長く国立療養所中野病院があったところで、主に結核患者の養生所であった。当病院は1993年に新宿区国立国際医療センターへ移転統合し、跡地が公園として整備されたものである。またそれ以前に江古田川沿いの一部分(かつての野方苗圃)は、1971年に北江古田公園として先行して開園していた。2007年に残りの病院跡地の部分も追加で開園し、全体で江古田の森公園という名称になった。また公園には隣接して「江古田の森」という老人ホームなどが入っている福祉保健施設がある。PDF

私の記憶では
「北江古田公園」の看板は確かにあった。
そのようなこともあり、
地元の人たちや、よそからの来訪者たちは
この地は 
北江古田公園と 認識されておられるのだとおもう。あるいは古い呼称が生き続けているのだと思う。

●ハナミズキの会に、お願いしたいことは
北江古田公園は江古田の森に統合されて現在は
その名称は使われておりません・・・・と宣言されてみてはいかがでしょうか。


●実は井の頭公園に、ハナミズキを探しにゆきましたおり、ここでも似たようなことがおきました。


東京市井の頭恩賜公園」の石碑があったこと。
 

公道をへだてて
 「井の頭公園」と「井の頭自然文化公園」があったことでした。

どちらもふくめて俗称では
井の頭公園」と呼称されていました。
 

私たちは公園入口で待ち合わせをしましたが、その解釈からか、一時、迷子になった人がいました。

江古田の森 と 北江古田公園
で 集合ともなれば、やはり まごまごしてしまいそうです。
                                        (喜多)

 


 

posted by 中野ハナミズキの会 at 06:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記